「青春」の詩に思う 

 サミュエル・ウルマン というアメリカ人実業家が作った詩がかつて、日本で有名になりました。パナソニックの創業者松下幸之助氏がこの詩をこよなく愛し、次第に日本人の心に宿すようになったと.伺っています。ロバート・ケネディーがエドワード・ケネディーへの弔辞にこのウルマンの詩の一節を引用したとも聞いています。私は中国人ですがこの詩がとても好きです。きっと皆さんも勇気づけられると思います。会社を経営していますといいことばかりではありません。逆境の方が多いかもしれません。
 そんな時、私はこの詩を口ずさんでいつも自分を鼓舞しています。以下全文を紹介します。ぜひ皆さんも口ずさんでください。

 「青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。
 優れた創造力、逞しき意志、炎える情熱、怯懦(きょうだ)を却(しりぞ)ける勇猛心、
 安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。
 年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いが来る。
 歳月は、ひふの皺(しわ)を増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。
 苦悶や、狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰(あたか)も長年月の
 如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。
 年は、七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得られるものは何か。
 曰(いわ)く 驚異への愛慕心、空にきらめく星辰(せいしん)、その輝きにも似たる。
 事物や思想に対する欽仰(きんこう)、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く
 求めて止まぬ探究心、人生への歓喜と興味。
   人は、信念と共に若く 疑惑と共に老いる。
   人は、自信と共に若く 恐怖と共に老いる。
   希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる。
 大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして
 偉力の霊感を受ける限り人の若さは失われない。
 これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽(おお)いつくし
 皮肉の厚氷これを固くとざすに至れば、この時こそ
 人は、全くに老いて神の憐(あわ)れみを乞うる他なくなる。
 如何でしたか。勇気をもらえましたか。

 今、中国は春節で多くの人が故郷に帰り明日への生気を取り戻して仕事に励みます。私はキリスト教徒で、春節はキリスト教徒の聖都エルサレムを尋ねます。いずれ、この欄でまた紹介したいと思っています。


汪家の初代が生きた春秋時代とはどんな時代でしょう

 前回のブログで私の先祖が紀元前552年に初めて汪家を名乗ったことを伝えました。西暦で2500年前にさかのぼる話になります。ちなみに孔子が亡くなったのも紀元前552年で私の先祖と同時代を生きた人です。しかも、同じ魯という国の出身です。奇遇というほかありません。
 さて、古(いにしえ)に思いを馳せて、中国の春秋時代とはどんな時代だったのか回顧してみましょう。
 歴史書によりますと中国の春秋時代は周の平王が洛陽の成周に東遷即位した前770年から秦始皇帝が中国を統一した前221年までの時代を言います。また、前453年で前後に二分し,前半を春秋時代,後半を戦国時代とも呼ばれています。前半の大半の期間のことが魯国の年代記《春秋》に,後半のことが《戦国策》とよぶ書物に書かれていることから春秋と戦国時代に分けられているようです。前453年で二分するのは,春秋の大国晋の家臣であった韓・魏・趙の3代が主家を三分独立し,晋は事実上滅亡し,以後戦国の七雄といわれる韓・魏・趙・楚・斉・燕・秦の対立抗争の時代となるからです。
 すこし、堅い話になりましたがこの時代は英雄が跋扈した時代でもあり歴史の興味が尽きない時代でもあります。孫子の兵法で有名な孫子もこの時代に活躍した戦略家の一人です。「呉越同舟」など故事に因んだ言葉が現代に生きています。


「春運」について

 皆様、
 お久しぶりです~
 廖です。

 今週からはついに二月に入りましたね。
 二月の中国といえば、やはり春節ですね。
 あっちこっちも、早速春節の準備が始まりましたね。

 ここで、中国の春節には一つ特有の現象、「春運」のことを紹介したいと思います!

 「春運」というのは、春節の運送の略称です。
 中国人にとって、春節は家族団らんの時期です、どう離れても、少なくとも春節の時は実家に戻り、両親、家族と一緒に過ごすのが一番大切なことです。

 実家に戻るため、多くの労働者は安さと速さと両方を備える列車を実家に戻る交通機関として選びました。誰でも実家に戻りたいという気持ちの結果として、何億人を中国国内で移動することなり、この現象を「春運」と名付けられていました。

 去年2017年のデータによりますと、2017年1月17日「春運」の開始から2月21日の間、中国全国の鉄道路線に通じ運送した人数はなんと、3.57億人です(# ゚Д゚)!世界人口数第三位のアメリカの人口より多いです。

 しかも、この数字はあくまで鉄道による運送人数ですので、バス、飛行機、家庭用車なども入れれば、この数字はもっとすごいなりますよね。

 だからこそ、中国の「春運」は哺乳類動物の最大規模の季節性移動とも言わたことがあります。

 今年の「春運」は2月1日で正式に開始になります、今年の人数は如何になりますのかも楽しみの一つですね。
 私的には今年去年より人数を更に増えると思いますが、
 皆様はどう思いますか?


 では、また来週でお会いしましょう~


春秋時代から96代続く汪家を紹介します

 上海は連日零度前後の厳しい寒さが続いています。
 皆様お変わりありませんか?
 寒さはこれからも続くようです。どうかご自愛ください。
 ところで、私の姓は汪です。
 中国では同じ「おう」でも王という姓が圧倒的に多いです。
 上海では一番多い張に次いで二番目に多い姓だとのことです。
 中国全体ではやはり王が一番です。続いて李、張、刘となっています。
 辞書を紐解きますと汪という字は水が深く広々としているさま、広大で豊かなさまとあります。
 96代前の私の先祖は汪という姓を賜った時、汪家が未来永劫に雄大で、限りない発展を続けてほしいとの願いを込めたのかもしれません。

 汪家の出身は今の安徽省です。観光地としては黄山が有名です。お茶の名産地としてもその名を馳せています。私の先祖はこの黄山の近くの休寧県に紀元前552年に初代が汪家を名乗ったとのことです。この年は孔子が亡くなった年でもあります。当時は春秋時代の魯の国でその公子は右手に「王」の文様の手相、左手に「水」の文様の手相.をしていいたことから汪の姓を名乗ることになったと言い伝えられています。

 汪家が2500年前に始まった伝来の地を以下写真でご紹介しましょう。


黄山の山並み


休寧県付近


汪家の出身地にある一族の集会場

 さて、97代もどうして記録されてきたのかということですが中国では一般的に「家譜」というのがあります。いわゆる家系図ですね。代々の汪家一族の中から選ばれた人がその時代に生きた人々をこの家譜に記録し未来に託します。
 因みに孔子(紀元前552年9月28日‐紀元前479年3月9日)の家系図「孔子世家譜」は、世界で最も長い家系図とされ、2009年は孔子生誕2560年目にあたります。紀元前500年から現代まで記録され続けており、ギネスブックでは世界最長として登録され、記録を更新中とのことです。


ご挨拶

皆様、
 はじめまして、
 私、スタッフブログの更新を担当させていただく、廖(リョウ)です。

 今週からは、週1や2回のペースでスタッフブログを更新したいと思います!
 このスタッフブログでは、会社の日常や社員の皆さんからの投稿などを主の内容とし、気軽くに、時に豆知識満載のブログを目指したいと思います!

 とはいえ、ブログの更新は私としても初めてなので、皆様はどのようなブログが読みたいのかはよく分からいですが、これからは自分なりに改善しつつ、より良いブロガーを目指したい思います!

 さて、今週の火曜日からは寒流の影響で中国の大部分の地域では強く降温になります、上海でも6度くらいの降温になりそうですが、なんと天気予報によると雪すら降る可能性もあるそうです。
 福建出身の私にとっては、雪とはほぼ無縁なので、どうも期待しちゃいますね。

 まだ、廣西省と桂州省の一部地域ではなんと14度の降温です!14度って、すごいじゃないですか、上海の最高気温でさえ14度を越えていないみたいなのに《゚Д゚》!
 区域別の気温情報を見ると、南の方では20度以上が一般的ですね。(# ゚Д゚)。
 あ、そういえば私の実家の福建省は今でも20度以上ですし…

 まさに再び中国国土の広さを実感しました。
 皆さんも防寒対策をきちんとするようにしましょう、この季節の風邪は治すのも結構時間がかかりますからね。

 では、次回の更新でまたお会いしましょう。


RSS 2.0 Login