6ページ目

春秋時代から96代続く汪家を紹介します

 上海は連日零度前後の厳しい寒さが続いています。
 皆様お変わりありませんか?
 寒さはこれからも続くようです。どうかご自愛ください。
 ところで、私の姓は汪です。
 中国では同じ「おう」でも王という姓が圧倒的に多いです。
 上海では一番多い張に次いで二番目に多い姓だとのことです。
 中国全体ではやはり王が一番です。続いて李、張、刘となっています。
 辞書を紐解きますと汪という字は水が深く広々としているさま、広大で豊かなさまとあります。
 96代前の私の先祖は汪という姓を賜った時、汪家が未来永劫に雄大で、限りない発展を続けてほしいとの願いを込めたのかもしれません。

 汪家の出身は今の安徽省です。観光地としては黄山が有名です。お茶の名産地としてもその名を馳せています。私の先祖はこの黄山の近くの休寧県に紀元前552年に初代が汪家を名乗ったとのことです。この年は孔子が亡くなった年でもあります。当時は春秋時代の魯の国でその公子は右手に「王」の文様の手相、左手に「水」の文様の手相.をしていいたことから汪の姓を名乗ることになったと言い伝えられています。

 汪家が2500年前に始まった伝来の地を以下写真でご紹介しましょう。


黄山の山並み


休寧県付近


汪家の出身地にある一族の集会場

 さて、97代もどうして記録されてきたのかということですが中国では一般的に「家譜」というのがあります。いわゆる家系図ですね。代々の汪家一族の中から選ばれた人がその時代に生きた人々をこの家譜に記録し未来に託します。
 因みに孔子(紀元前552年9月28日‐紀元前479年3月9日)の家系図「孔子世家譜」は、世界で最も長い家系図とされ、2009年は孔子生誕2560年目にあたります。紀元前500年から現代まで記録され続けており、ギネスブックでは世界最長として登録され、記録を更新中とのことです。


ブログ掲載開始のご案内

みなさんこんにちは!
正銘の汪旸です。

 今年からブログを掲載することになりました。
 どうかよろしくお願いします。
 このブログは特にテーマを決めず、私が日ごろから感じていることを思いつくままに書いてゆきたいと思います。
 さて、2018年も明けてからもう三週間もたちました。
 今更ながら時間の経つ速さに驚きを禁じえません。
 2018年というと干支では戊戌(つちのえいぬ)です。この年は大きく変化する年だと言われています。昨年の努力が実を結ぶ年だとも言われています。
 干支は60年で一回りして同じ干支になること、それを私たちか還暦を迎えると言っています。では、60年前にはどんなことが起こったのでしょうか。

 東京通信工業がソニーに社名を変更。
 巨人に長嶋茂雄選手が入団。
 日本コカ・コーラが炭酸飲料「ファンタ」を日本で発売開始。
 日清食品が世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発売。
 東京タワーが完成し公開が開始等々

社会を賑わすホットニュース満載の年でありました。
 さて、正銘は上海で事業を始めて以来、今年で7年目を迎えます。事業開始から5年間は通関物流事業を中心に事業展開を思なってきました。2年前から人事労務事業を開始しました。これらの事業を両輪にして今年の干支のように大いなる発展をさせたと思います。
皆様に倍旧のご理解とご支援をいただきますようお願い申し上げます。
 次回は97代続く私の汪一族を紹介したいと思います。どうかお楽しみに!


ブログ準備中

大洋正銘ビジネスコンサルティング(上海)副総経理 汪のブログはただ今準備中です。


RSS 2.0 Login